私たちは酸素をとり入れてエネルギーを作り出しています。その際、非常に酸化しやすく、体内をサビつかせる恐れが高い「活性酸素」が発生。体内には活性酸素を消す力が備わっていますが、加齢とともに弱まるため外から抗酸化成分を積極的にとるのがおすすめです。
「水素」には活性酸素を退治する非常に強い働きがあります。
H.G.H AQUA VENUSなら1袋飲むだけで、大量の水素が体内で発生。しかも48時間発生し続けるため、高いパワーが期待できます。
リンゴを切ってしばらく置くと、空気に触れた断面が酸化してサビ付きます。私たちのからだの中でもこのようなサビ付きが起こると、老化やさまざまな不調、病気を招きやすくなります。
コラーゲンを摂っても体に吸収されない現実
皮膚や軟骨を形成する際に必要となるコラーゲンは、歳を取るごとに体内から失われやすくなっていきます。そのため「コラーゲン配合」をうたった健康食品が人気を集めていますが、食事やサプリメントで摂取したコラーゲンはアミノ酸に分解されるためコラーゲンとしてそのまま利用されるわけではありません。
体内でのコラーゲンの合成を促進する作用があるプロリンとはどのようなものなのでしょうか?
プロリンのコラーゲン合成機能
プロリンは、体内に吸収されたタンパク質やアミノ酸からコラーゲンを合成する機能を促進させる働きを持っています。
プロリンは紫外線や年齢による壊れたコラーゲンを再生させる
プロリンを摂取することで紫外線を受けて壊れた皮膚のコラーゲンを再生するため、シワやシミ・そばかすを防ぐ役割を果たします。肌周辺にプロリンが多ければ多いほど肌は弾力のあるハリと、つるつるした艶やかさが際立ちます。
京都の女性はなぜ色白で
肌がキレイなのか?

そんな疑問から美肌の研究がはじまりました。美肌の原因を研究していくうちにその美肌の理由は「麩」にあることがわかりました。京都は全国でも有数の「麩」の消費量が多く、その麩の美肌成分は何かを分析しました。
「麩」の美肌成分はプロリンだった
美肌成分は麩に含まれる成分プロリンだったのです。しかも食品中のプロリン含有量は他の食品と比べケタ違いの含有量だったのです。
麩のプロリン含有量は
ケタ違い。

麩にはアミノ酸の一種「プロリン」が豊富に含まれています。
体内でコラーゲンの部品になる大切なプロリン。肌のもっちり効果が期待できそうですね。