サーチュイン遺伝子の働きを強めることによって、寿命が20〜30%延びることが確認された。「ミトコンドリアが出す活性酸素」「免疫細胞の暴走」など、老化をもたらす具体的な要因が最新の研究で分かって来ている。サーチュイン遺伝子がONになると、指揮者のように働いて、100近くの老化要因を抑える。その結果、肌、血管、脳など様々な器官が若く保たれ、寿命が延びるのだと考えられている。この遺伝子、万人が持っているが、普段は眠っていて働かない。
しかし、働かせる簡単な方法も分かった。さらにはサーチュイン遺伝子の機能を高めるレスベラトロールが注目され世界でその成果が2万件を超える発表データがある。レスベラトロールは食事のカロリー制限をしなくても手軽にサーチュイン遺伝子の働きを高めることがわかり、サプリメント大国のアメリカではレスベラトロールサプリメントが一般に普及しています。
H.G.Hは夜眠っている時にもっとも多く分泌されます。ピークとなるのは眠りについてから寝入りばなの3時間に活発に分泌されることがわかっています。
そこで、成長ホルモン分泌促進のためのH.G.Hを就寝する前に空腹状態で摂取するのが一番効果的ということがいえます。
眠っている間に筋肉の修復、疲労の解消、細胞の新陳代謝に伴う皮膚の弾力とツヤの回復、さらにはダイエットなどの効果をいっそう促すことが期待できるからです。